カップルは会話のネタを変えると新鮮さが甦る!そのための親密で深いネタ

恋人でも夫婦でも一緒に過ごす時間が長くなるにつれ新鮮さが失われます。

そして興奮しなくなるとセックスレスの原因となることもあります。

このような状況を打開するためにはカップル間の会話を変えてみてください。

自己を開示するような親密で深い話をすることで出会った頃のような新鮮さが復活します。ホルモンの分泌量も増えます。

安心感が興奮や性的魅力を感じにくくする

カップルが出会ったばかりの頃はどんな人だろうという不安や身体的な魅力に対するドキドキ感があります。

こういった刺激的な体験はストレスと興奮をもたらします。

実際にストレスによって生じるコルチゾールや性欲に関連するテストステロンといったホルモンは高いレベルになっています。

しかし時間が経ち二人の関係が親密になるにつれ安心感が芽生えますから、興奮や性的魅力を感じにくくなります。

ホルモンのレベルも低下します。

【関連記事】セックスがマンネリしたら「自己拡張」で解消しよう

親密で深い会話をしたカップルは新鮮さが甦る

このようにカップル間の新鮮さがなくなってしまったときは会話の内容を変えましょう。

自己開示を促すような親密で深い会話をするのです。

ミシガン大学のクリスティ・チン博士らの研究チームが18歳から40歳までの105組のカップルに30分間の会話をさせる実験を行いました。

このとき親密な会話をするグループと、気軽な会話をするグループの2つに分けられました。

親密な会話とは「友情において最も大切な価値観は?」「素晴らしい一日とはどんなものでしょうか?」といった内容です。

気軽な会話とは「読んでる雑誌は?」「最近1時間くらい歩いたのはいつ?」といった内容です。

会話後にホルモンレベルを確認したところ、親密な会話をしたグループは男女ともに会話前よりもコルチゾール値とテストステロン値が高くなっていたのです。

会話によって自己開示が促されたと感じた人ほどこの傾向が強いことも分かりました。

また、この結果に付き合いの長さは関係しませんでした。長年一緒にいるからと効果が出にくいということもなかったのです。

【関連記事】エロい声で左側から話しかけると脳が反応しやすい

カップルの会話におすすめのネタ

自己開示が促されるような親密で深い会話をすることで新鮮さが甦るといっても、どのようなネタが良いのでしょう?

実は今回の実験で親密な会話をしたグループが使ったのは親密さを増すためのプログラムで使用される質問リストでした。

このプログラムは初対面の人同士を仲良くするために開発されたものですが、その実験に参加した人たちの中には結婚にまで至った人もいます。

そしてこれが初対面同士でなくとも、有効であることが複数の研究で判明しています。

会話のリスト

具体的な内容をいくつか紹介すると次のようなものがあります。

  • 最も大切な思い出は何ですか?
  • 最も感謝していることは何ですか?
  • 水晶玉が未来を教えてくれるとしたら何を知りたいですか?
  • 火事になったら家族やペット以外で何を真っ先に持ち出しますか?
  • 私たちの間にある3つの共通点などもあります?

内容から分かる通り、価値観に関係するものが多いです。

このリストに関係なく、深く考えて答えるようなネタをパートナーと共有すれば良いということです。

カップルで定期的に深い会話をする

落ち着いた関係のカップルであっても相手の新たな一面を知ることで新鮮な気持ちが芽生えることがあります。

仮に気持ちが変化しなくとも時々はカップルで深い会話をしましょう。

お互いの価値観を知るきっかけとなりますから関係満足度の向上にも寄与します。

参考文献:Kristi Chin, Zachary A. Reese, et al. (2021). Closeness-inducing discussions with a romantic partner increase cortisol and testosterone.

タイトルとURLをコピーしました