AVの見過ぎは瞑想で改善できるという実験結果

AVを見過ぎてしまう人の中には「控えなければ」と危機感を抱いている人もいるでしょう。

しかし、やめようと思っていてもついつい見てしまうものです。

見ないようにしようとすればするほど気になってしまうのです。

そんな時は瞑想をしてみてください。

それもただの瞑想ではなくマインドフルネス瞑想です。

今の時代はAVを見過ぎてしまうのは仕方ない

AVの見過ぎは日本だけでなくアメリカやその他の国でも問題になっています。

心理学分野でもAVとメンタルに関する研究をしばしば見かけます。

AVを見過ぎることで他人とのコミュニケーションに問題が生じたり、抑うつ状態になるという研究もあります。(反論する研究もあります)

今の時代はインターネットで手軽にAVを視聴できる環境が揃っていますし、可愛い系から美人系まであらゆる系統の女優がいます。

ジャンルも多様化しており、個人の性癖に突き刺さるものが見つかりやすいといえます。

AIの発達により、おすすめ機能の精度も上がっていますから次から次へと見てしまいます。

これだけの条件が揃っていればAVを見過ぎてしまうのも仕方のないことです。

しかし、中毒といえるほどに何時間も見続けていると日常生活に悪影響がありますから、自制しなければなりません。

そこで効果的なのがマインドフルネス瞑想なのです。

【関連記事】旦那がAVばかり見ているとセックスレスの原因になるのか?

AVの見過ぎはマインドフルネス瞑想で抑える

マインドフルネスとは「今この瞬間に集中する」ということです。

私たちは普段から過去や未来のことを考えがちで、瞬間的な今を意識することが少ないです。

過ぎ去った後であれこれ考えたり、来てもいない未来の瞬間を心配したりするのです。そのせいで多くの今という瞬間を失っているのです。

ですからマインドフルネスな状態になることで今を大切にするのです。

マインドフルネスとは何か?

マインドフルネスな状態になるためには「今この瞬間」に頭に浮かんだことや感じたことをそのまま見つめるのです。

それについて、どうこう判断せず、自分に起こっていることをそのまま受け止めるのです。それが今に集中するということです。

そしてこの感覚で瞑想するのが、マインドフルネス瞑想です。

やり方は色々あります。

基本的な方法は、静かな場所であぐらをかいて、手のひらを上に向けて太ももや膝の上に置いた姿勢で行います。

その状態で目を閉じて、ゆっくりと呼吸をするのです。息を吸って吐くということに意識を集中します。

マインドフルネス瞑想はストレス低減や、気分の改善、集中力アップなど様々な効果があることが分かっています。

そしてこれがAVを見過ぎている人にも良い影響を与えてくれるのです。

2週間毎日、20分の瞑想を行わせる実験

マニパル大学のサムリディ・パリーク助教らの実験があります。

この実験ではAVの見過ぎによって悪影響が出ている20代の男性たちに、2週間毎日、20分の瞑想を行わせました。

その結果どうなったかというと、PPU(Problematic Pornography Use = 問題のあるポルノ使用)のスコアが著しく低下したのです。

具体的にはポルノを重要と思う感覚や、気分の変調、視聴しないときの苦しみなどが減少しました。

当初、参加者は20分間の瞑想がうまくできないこともありましたが、続けていくうちに慣れていきました。

セックス中にマインドフルネスな状態を感じる人ほど満足度が高い

AVの視聴は必ずしも悪いことではありません。

カップルで一緒に見ると満足度が上がるという研究もあります。

またポルノ依存症についても正式に認められた病名ではありませんし、脳の反応でいえば一般的な依存症のそれとは違うのではという研究もあります。

しかし何時間もAVを見過ぎることで普通のセックスでは興奮できなくなることもあります。

またメンタルの不調やパートナーとの関係悪化につながることもあります。

こういった悪影響を生じさせないためにも視聴時間を制御する必要があります。

AVを見過ぎている人はぜひマインドフルネス瞑想を実践してみてください。

最高のセックスの条件の一つにもプレイの瞬間に集中するというものが挙げられています。

セックス中にマインドフルネスな状態を感じる人ほど満足度が高いという研究もあります。

普段から今この瞬間に集中するという習慣を持ってみるのも良いかもしれません。

余談ですが、瞑想は多くの宗教でも行われていますね。宗教の中には禁欲しなければならないものもあります。

もしかしたら瞑想は彼らの禁欲にも役立っているのかもしれません。

参考文献:Samridhi Pareek,Gagan Jain &Rajnish Kumar. (2023). Efficacy of Mindfulness Meditation as a Therapeutic Tool in Problematic Pornography Consumption.

関連記事:オナ禁の効果の科学的根拠とされる論文は撤回されていた!メンタルにも悪影響

タイトルとURLをコピーしました